1年の振り返りに活用すべき3種の神器とは?

こんにちは、福川です。

今年もあと、1日。

仕事納めをして、
帰郷したり旅行へ行っている方も多いはず。

この年末年始を使って、是非やっておくべきことは、
今年がどんな年だったのかをきちんと振り返ることだ。

今年を振り返ることで、
来年をどう過ごすべきかが見えてくる。

そこで活用すべきは、
「手帳」「ブログ」「帳簿」

手帳

手帳というのは、時系列でいつ誰に会って、どんなイベントに参加して
どこで何をしていたのかが一目でわかる。

この時期はすごく人と会っていたなとか
ある日を境に劇的に環境が変わっているなとか

時系列で確認していると反省点も見えてくるし
あのとき、そんなことがあったなと
感謝すべき人やお世話になった人にお礼をしたい気持ちにもなる。

帳簿

帳簿は、単純に金額ベースで自分の活動を見直せる。

フリーランスでビジネスをしていると、
いつどんな収入があったのかを把握ことは意外と大切。

もっと売上を上げれたんじゃないかとか
もっと効率良くビジネスできていたんじゃないかとか
自己投資にどれだけ使ったんだなとか
そういったことが見えてくる。

ブログ

「手帳」と「帳簿」は事実を知るためには良いかもしれないが
自分がどんな感情でどんな行動をしていたのかまでは見れない。

そこで、活用できるのが「ブログ」。

「ブログ」には、その時その場所で感じたことが書いてある。

全て見てられないが、記事のタイトルだけを見て
気になったものだけをピックアップしてざっと目を通す。

そこには、いろんな想いが書いてある。
数字では表せない感情的な部分。

ブログを1年分見通すことで、
より1年を振り返ることができるのだ。

1年、どうだったのかを把握するためにも
ブログとは自分にとって資産となる。

さいご

毎年、年末年始は、1年を振り返るようにしている。
その上で、来年をどうしたいのかを考える。

「今」は過去の延長線でしかない。
そして、未来は「今」の積み重ね。

未来を見るために、
過去を知り今の状態を把握する。

過去は変えられない。

うまくいかなかったことも、
できなかたこともあるだろう。

でもそれが何だったのかを把握した上で進めば
毎年の目標も取りこぼしを減らすことができる。

年末年始の貴重な時間に
ぜひ、自分の棚卸しを^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です