ブログ・SNSの情報発信で意図的に反応を上げる方法

こんにちは、福川です。

今回は、「読者の反応を意図的に上げる方法」について、お話ししていきます。

ブログやSNSで情報発信をしていると、一定の反応を得ることができるようになる。

しかし、反応安定しているが、それ以上の反応が出なかったり、同じような人ばかりが見ていて違う層の人を引き込めていないという状態かと思う。

あなたはもっと、

たくさんの人に読んでもらいたい。
こんな人を集めたい。
もっと記事を読んでもらって感想をもらいたい。

そう考えているのではないですか?

あなたの現状

毎日、ブログを書いてSNSで発信して、着実にファンが増えている。
読者も増えてきて、コメントも付いてきた。いいねも安定している。LINE@やメルマガも少しずつだが増えてきた。
このままいけば良い感じになりそうなんだけど。。。

なんだ、このもどかしい気持ちは!

毎日、取り組んでいるが、なんだかうまくいかない。
ブログを書いて手応えはあるけど、しっくりときていない。
もう少しで良い感じになりそうなのに、成果が出ていない。

あーなんでだ!もう少しなのに!

このムズムズする気持ちをなんとかしたい!!!

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

落ち着いてくださいね。笑

情報発信をするという意識

情報発信をするモノとして、読者がどのような反応なのかは気になるところ。

ブログを書いてSNSで発信して、ファンがいるけど少し違うな、というのは、誰でも感じたことがあるはず。

よくあるのが、あまり反応がよくないからといって、情報発信を止めること。

読者というのは、反応せずとも必ず誰かは見てくれています。

相手にもタイミングというのがあるので、情報発信するモノとしては、発信し続ける義務があります。

情報発信をしないと届けたいコトも届きません。

今発信していることが、正しいのかなとか不安はあるかもしれませんが、その記事や内容が発信したい情報であれば、気にせずに発信すること。

それが、情報発信をするモノの仕事だと思っている。

手応えがあるコトを続けろ!

ブログを書いていると、反応の良い記事、悪い記事が感覚的にわかります。

アクセス解析で数字を追いかければ一目瞭然。

タイトル一つであからさまに反応が変わったりもするが、結局は内容が重要。

どんな内容が、反応が良いのか、
どんな構成が、反応が良いのか、
どんな言葉遣いが、反応が良いのか、

画像か?切り口か?オチがキマっているか?

あらゆる要素を考えて反応を探る。

Twitterで広がりそうな記事、
Facebookで好まれそうな記事、
検索で上がりそうな記事

意識しすぎもよくないが、計算して発信した情報は、拡散されやすく、ファンがつきやすい。

すると、どうすれば反応が上がるのかが見えてくる。

反応が安定しているとは・・

ある程度安定して反応が出てきたら、何を発信しても一定の反応が出るようになります。

いいねもコメント数も読者数もLINE@、メルマガなど、安定してきたな。そういう状態になってきます。

淡々と記事を書いて、ファンが付いて・・・
SNSで定期的に発信して、いいねが付いて・・・

しかし、それ以上もそれ以下でもない状態。

安定とは、そういうもの。

反応を意図的に上げる方法(諸刃の剣バージョン)

あなたは、確率変動という言葉をご存知ですか?

いわゆる確変です。

パチンコは、やったことがある人は、聞いたことはあるのでは?

確率変動(かくりつへんどう)とは、デジパチタイプや権利物タイプのパチンコに搭載されているシステムの一つで、大当たり(特別電動役物の開放)確率や小当たり(普通電動役物の開放)確率を上昇させることにより、次の大当たりを容易に得ることを可能にするシステムである。 確変(かくへん)と呼ばれる事が多い。
出典:Wikipedia

僕は、パチンコをする人ではないのでなぜ、パチンコ用語を出したのかは、僕にも意味不明ですが、要は確変を起こすのです。

えーっと、何が言いたいかというと、意図的にいつもと違うコトをして、注目を浴びる仕掛けをするのです。

ブログやSNSで、ある一定の反応が出ることを約束された状態だと、それ以上の飛躍を求めるのであれば、いつもと違うコトをすることが手っ取り早く高反応を得る方法になります。

しかし、失敗するとファンが離れる可能性があるので、これは諸刃の剣戦法です。

覚悟してウケ狙いをしたにもかかわらず、スベってファンに嫌われてしまう可能性がある、という方法ですね。

好かれるコトが情報発信ではない

読者に嫌われるかもしれないからできない。安定した反応を手放したくない。そんな声が聞こえてきます。

でも、よく考えてください。

あなたは、好かれたいから情報発信をしているのですか?

仲良しこよしで、読者に気を使って、本当に大事なコトを情報発信できないでいる。

あなたは、それでも良いのですか?

変化を恐れては、前に進めない。
変わることは、悪ではありません。

何かに挑戦する姿はまわりに勇気を与え、より一歩先に進むことができる。

さぁいつもと違う情報発信を!

今までの安定して得てきた反応を今以上に上げるには、いつもと違う発信をすることがオススメです。

これまでとは違う一面を見せることで、あなたへの見方が変わることはもちろん、新しい価値観を読者に植え付けることができます。

新しい企画をしても良いですし、全く違う一面をさらけ出しても良いですし、違う分野のコトに熱く語っても良いです。

とにかく、変化を出していきましょう。

人がしていないことを敢えてやってみたり、嫌われても読者の成長に繋がるならドンドンやるべき!

もし失敗したなーって思ったとしても、後で削除すれば良いのです。笑

まとめ

反応が良いというのは、とても良いことですが、それを頼りに情報発信をしていては、それ止まりになってしまいます。

新しい読者層を増やすために、変化を起こしていきましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です