【Franz】複数のチャットアプリを簡単に一括管理できる!

メッセージアプリがたくさんありすぎて、ひとまとめにしたいと思ったことはないだろうか。

FacebookやTwitter、Chatwork、Gmail、Slack、、などいろいろありますよね。

仕事やプライベート、プロジェクトごとにメッセージツールが違うことも多々あります。

  • 仕事①では、Chatwork
  • 仕事②では、Slack
  • 日々の連絡は、Facebookメッセンジャー
  • プライベートは、LINE

こういった感じで、場面や相手によってツールが変わります。

複数のツールを使っていると、返信漏れがあったり、連絡を探すのが大変だったり、

正直、切り替えがめんどくさい!

そこで、複数のメッセージアプリをひとまとめに管理できる「Franz」をご紹介します。

Franzとは?

Franzは、複数のメッセージアプリを一括管理できます。

Slack、Messenger、WhatApp、Telegram、Skype、WeChat、HipChat、ChatWork、Hangouts、GroupMe、Grape、Gitter、Steam Chat、Discord

様々なアプリを導入できるので、使いたいように変更できます。

しかも、これだけたくさんのアプリを管理できるのに、無料で使うことができます。

パソコンでのみ使用できる。

Franzは、今のところパソコンでのみ使用可能です。

スマホは対応していません。

スマホはアプリを一括管理する必要がないのでパソコンでのみサービスを展開しているのだろうと思う。

早速、ダウンロウードしよう!

WindowsとMac、Linuxでダンロードできます。

Franzをダウンロードする。

zip形式でダウンロードされるので、解凍して起動しよう。

アカウント作成

  • Individual・Non-Profit・Companyを選ぶ
  • 「名」「性」を記入
  • 「メールアドレス」記入
  • 「パスワード」を記入

アカウントの作成をクリックして次に進もう。

実際に導入していこう!

おめでとうございます。

アカウント作成完了です。

それでは、メッセージアプリを選択してカスタマイズしていこう。

各メッセージアプリを選択してタブを追加

アプリの追加は以下の3ステップで簡単に増やすことができます。

  1. アプリを選択する
  2. 選択したアプリにログイン
  3. 完了

完了

いくつか追加すると下記のように見ることができます。

実際に触ってみて感想

いままでブラウザで、様々なアプリを開いて変えてを繰り返していました。

Franzを使うことで一括管理できるので、メッセージの返信漏れなどがなくありましたね。

通知も確認しやすい!

Gmail、Slackは複数アカウント管理可能

意外とGoogleカレンダーが超便利!

メッセージをやr取りしていると、日程を決めるために予定を書き込みや確認などスムーズにしたい。

これがメッセージとカレンダーを同じ場所で見れるので、Googleカレンダーを入れて便利に使っています。

LINEが使えないのが残念

Franzは、様々なアプリを入れれるのですが、LINEは適応されていません。

LINEは、プライベートでも仕事でも活用しており、グループやノートを活用したり便利なのですが、Franzでは使えませんでした。

まとめ

使ってみて、まだ間もないので使い続けるかはわかりませんが、メッセージアプリを一括管理できるのはかなり嬉しい。

毎日メッセージをやっているだけで1日が終わってしまうんじゃないかと思ってしまうほど、連絡のやりとりをしてるので今のところは活用しようと思う。

ぜひ、メッセージ疲弊している人は、使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です